そばかすにはハイドロキノン配合の美白化粧品がお勧め

img-1

頬の上部や鼻の周りにできることの多いそばかすは、肌の奥にあるメラノサイトという細胞の働きによってつくられます。



メラノサイトは紫外線の刺激によって活性化してメラニンを生成し、メラニンは活性酸素によって酸化することによって茶褐色に変色するため、そばかすの茶色のブツブツができてしまうというわけです。



シミも同様の仕組みでつくられますが、シミと異なりそばかすは遺伝的要因である程度できやすさが決まっており、一度できてしまうと自然に消すのが難しいという問題があります。



このため、遺伝だからと諦めてしまいがちですが、シミと同様に紫外線対策を徹底したり、メラニンの生成を抑える効果のあるビタミンCを積極的に摂取したりするなどの対策を行えば、そばかすを予防することは可能です。



また、近年は、肌のメラニン色素を薄くして目立たなくすることのできる成分も開発されており、こうした成分が配合された美白化粧品を使用すれば、あの茶色のブツブツを目立たなくすることも夢ではありません。



現在では美白化粧品は数多く市販していますが、その中でも一度できたメラニン色素を薄くする効果が期待できるといわれているのが、「ハイドロキノン」という成分です。



ハイドロキノンは元々医薬品として認可されていた成分でしたが、現在では薬事法の規制緩和によって化粧品でも使用できるようになり、数多くのメーカーの美白化粧品に配合されています。



ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑制する作用と酸化して茶色くなったメラニンから酸素を取り除いて色素を薄くする還元作用があるので、シミ・そばかすの予防と改善に絶大な効果を発揮してくれます。

ただし、ハイドロキノンはそのままの状態では肌に浸透しにくいので、美白化粧品を選ぶ際には肌の奥まで浸透しやすいように加工されている製品を選びましょう。



関連リンク

img-2
美白をしてそばかすを改善

最近、シミやそばかすが増えてきてしまったというひとは、ぶどうの樹液からできたスキンケア化粧品をつかって美白をしていくのがおすすめです。ぶどうの樹液をつかったこのスキンケア化粧品には、そばかすやシミの原因となっていしまうメラニンを40パーセントも抑制するといった効果があるといわれています。...

more
img-2
美白になるためのシミ治療について

アンチエイジングという言葉が広く一般に使われていることからもわかるように、若々しさの維持は現代人にとって重要なテーマの一つであると言っても過言ではありません。見た目年齢を若々しく保つためにはシミやシワのない美白の美しい肌を保つことが重要になるわけですが、加齢と共に紫外線によるダメージの蓄積や皮膚炎や傷などが原因で肌にシミが出来てしまうのは避けがたいことであると考えられます。...

more
top